マロンと紅葉。17歳の秋 大腸炎とてんかん。

      2019/11/14

久しぶりの更新です。

秋らしくなりましたね〜。

この写真を撮ったのが先週の3連休。

絶好調のマロンくんでしたが…。

 

 


今週は不調に。

またまた大腸炎です。
下痢&血便。

やっと病院から戻り、今は落ち着いて寝ています。

我が家の花水木の紅葉。

(お庭が荒れているのはスルーでお願いします 笑)


新築した当時、植えたシンボルツリー。
その翌年にマロンと出会い、12月で丸17年。
早いなぁ。

毎年、当たり前に思ってたけど、
来年は一緒に紅葉が見られないかも…ね。

9月に初めててんかん(痙攣?)発作を起こしました。
その症状にショックを受けた私達。

目を見開き、4肢を動かして。
よだれ、うんち、おしっこ…。
苦しそうにうめいて。

 

私はチビと病院に行ってました。(湿疹)
マロンは主人と留守番。
私が居ないうちに逝ってしまうかも、と焦った主人が動画を撮り…。
それを後から見た時は衝撃でした。

私が戻る頃、落ち着いたマロン。
まだ意識が朦朧としていたので、また発作を起こすのではと不安で。

1時間ぐらい様子を見た後、
意識もしっかりしてきたようなので、
もう動かしても大丈夫かとかかりつけに。

この年齢でおきたてんかんは積極治療はないとの事。
注射を一本打ってから帰宅しました。
不安だけれども、あれ以来発作はなく今に至ります。

友人の通っている病院では鼻スプレーが処方されているらしい。
うちは発作時用に座薬をもらってます。
子育て経験のない私。座薬を落ち着いて入れられるかな〜疑問です。

いろいろ相談にのってもらっているブリーダーさんから、
血液検査をしてみたら?
隠れた病気の可能性もあるから、とアドバイスを頂きました。

その結果は良好で、安心した途端、これです。→大腸炎
痩せ過ぎだから、缶詰のトッピングを増量していました。
病院でおすすめされた老犬にも優しい缶詰です。
ちょっと食事量を増やしたとたん下痢。
ごめんね〜。

ここ2・3日、同じ症状のワンコが増えているそう。
気温の変化と食べ過ぎが原因かな。

去年も同じ頃、やってるし。
あの時もチビのフードを盗み食いしてた。

前回は血便を見ただけでビビりまくってましたが、

今は元気もあるし、体温も低下していないので、

下痢さえ止まれば体力が落ち着くのでは…と思ってます。

歩きもヨボヨボ。夜鳴きもするし、痴呆も少し感じる。

体重も4kg切っちゃった。

若い頃は5.6kgぐらいあったよね。

こんなヨボヨボ爺ちゃんになるまで長生きする姿が見れて嬉しいよ。

でも、もう少し一緒にいて欲しいな。

 

 - スムースダックスフンド